おはじき墨

五感で楽しむ女性の「宝物」

女の子にとって、色とりどりの綺麗なおはじきは宝物であり楽しみの1つ。
そんな女の子が大人の女性になった時の楽しみの1つに書道があります。小さな愛らしい墨に触れ、じっくり見入る。
そして墨を磨る音、そして墨の香りを楽しみ、最後に心を整え書いていく。
このおはじき墨と墨が織りなす空間が、大人の女性にとっての「宝物」になれば幸いです。

五感で楽しむ女性の「宝物」

  • 使うのはほんの少しだけ

    使うのはほんの少しだけ

    墨が必要な場面は様々です。ただ使用するのは少しだけでいいという時。ちょっとした絵葉書を書く際や、仮名書き、写経、又は冠婚葬祭の際など。そんな時に是非この「おはじき墨」を使って下さい。「おはじき墨」は一般的な墨の大きさに比べて極端に小さく、使い切りサイズゆえに、気軽に墨磨りを楽しんでももらえれば幸いです。

  • 『墨の香り袋』として

    『墨の香り袋』として

    元来、墨は磨って書くだけに留まらず、美術工芸品的な要素も持ち合わせ、見た目の素晴らしさの他に、墨そのものの香りを楽しむことの出来る、三位一体の魅力を兼ね備えています。それらの要素を小さな袋に閉じ込めて皆様のもとにお届けします。墨の香りが大好きな方であれば「墨の香り袋」として使用して頂くこともおすすめです。また、墨の香りと共に、見た目の華やかさから、大事な方へのとっておきのプレゼントとして使用して頂くこともおすすめです。

  • デザインのモデル『十二類歌合絵詞』

    デザインのモデル『十二類歌合絵詞』

    異類合戦物のお伽草子とされる室町物語に、「十二類絵巻」 などとよばれる絵物語があります。
    歌人に擬した十二支の歌合をきっかけに、狸など他の動物も巻き込んで合戦に発展する物語です。 十二支とそれには属さない動物たちが対立する構図や、各動物の個性が反映した描写も巧みです。歌仙絵や歌合のパロディとしても秀逸で、深い見識を有していることが伺えます。
    おはじき墨の十二支の絵の原型とした狩野大学氏信 『十二類歌合絵詞』は、『十二類絵巻』 の冒頭の十五夜の歌合を独立させた作品です。そこでは月の歌を詠んだ動物の姿に、それぞれ固有の名前が記されています。宮廷貴族の伝統を踏まえつつ、豊かな連想に遊んだ、一流の知識人たちによる産物、これこそが今回の「おはじき墨」のデザインのモデルです。

  • パッケージへのこだわり

    パッケージへのこだわり

    おはじき墨のパッケージとなる袋の文様は『笹蔓手金更紗(ささづるできんさらさ)』と呼ばれる見事な更紗模様。笹蔓手金更紗は仏教発祥の地、印度更紗の中でもその構図に非の打ちどころがないほどの端正さと高貴な趣があり、それが好まれて古くから各時代にわたって渡来してきています。これを再現した貴重な裂を使用し、一つ一つを手縫いで丁寧に仕上げました。なお、こちらの手縫いでの仕上げには、和裁の技術を未来に引き継ごうと尽力されている地元奈良の「大原和服専門学園」様のご協力を頂いています。

    大原和服専門学園 取材記事大原和服専門学園 取材記事

※現在「おはじき墨」は下記クラウドファンディングにてリターンの1つとしてお求め頂けます。

おはじき墨 通販でもお買い求めいただけます。

香り墨の卸・小売販売をご希望の方へ

取扱をご検討の卸業者様、小売店様は気軽にご連絡下さい。

このページのトップへ

公式オンラインショップ オンラインショップ