七代目ブログ

墨作りの道具 ~万力~

 墨作りのメイン工程でもある専用の木型に生の柔らかい墨を詰める型入れ作業。その際、生墨が入った木型を上から押し込み、力を加えて固める機材として、墨屋さんならではの独特の「万力」を使います。当然の如く真っ黒な作業場で長年使いこんでいる為、見た目は真っ黒になってしまっています。万力を使い、上から木型を押す力のかけ具合が職人の勘所になってくるのですが、押しすぎると墨の淵からバリがはみ出してきます。これらは後に削り取るのですが、その手間が増え、また全体の重さが微妙に変わってきてしまいます。かといって万力のネジを締める力が弱いと木型の隅々まで内部の生墨が行き届かず、出来がった際に角の無い、通称「ボウズ」が出来てしまい商品にはなりません。作業工程の中でも1日何十回、何百回と使用する万力。工房に来られた際は是非見ていって下さいね。

 

このページのトップへ