七代目ブログ

「書道」が登録無形文化財に

先日、「書道」が登録無形文化財に指定されました。業界関係者の立場からすれば非常に喜ばしいことです。ここに至るまで、この国において書道を繋いできてくれた先人達がおられたからこそ今回のような結果につながったと思います。先人達に感謝あるのみですね。

ただ、書道業界、とりわけ製墨業界の先行きが明るいかと言われればそうでもありません。正直、今回の文化財指定を受けても状況が好転するかといえば必ずしもそうであるとは限りません。書道をされる方、墨を使われる方が今回の機会に爆発的に増えるかと言えば、そんなことはなく、今後も変わらぬ普及努力を今まで以上に続けていくことが大事だと思っています。

 

今回の結果に甘んじることなく、少しずつ続けてきたこれまでの活動を更に広げていく為にも、日々頭を悩ませ、失敗を恐れず、まずは行動を起こしていくことを心掛けていきたいですね。

 

このページのトップへ