七代目ブログ

道具が折れた

根本からボッキリ折れてしまいました。恐らく無題な力が入っていたんだと思います。墨型彫刻を習う際に一番最初に行ったのは「道具作り」。市販では確実に売っていないものを手作業で作ります。写真は適当な木に畳の針を加工した「ポチ」と言われる刃です。最初に師匠と一緒に作らせてもらった道具なだけにショックを受けました。作業する為の道具は物凄く大事。それ1つが無いと作業が進まない箇所が出てきます。他のもので対応してもやはり上手くいかなかったりします。作業をしているとこういう道具が欲しい、こういう道具を作った方良いという時もあるのですが、今手持ちの限られた道具の特性をしっかり理解しながら使いこなさないと次にいけないと思うのは自分の性分かなと思います。まだまだ使いこなす前に破損してしまったのは自分の腕が未熟過ぎるからだと思います。ひとまず残りの道具で師匠から与えられた宿題をしっかり仕上げていきたいと思います。道具を自分のものする為にはまだまだ練習が必要です。

このページのトップへ