七代目ブログ

染みついた墨の香り

工房に来られる方が一番よく言われるのが「墨の香りがする」。墨屋なのでといってしまえばそれまでですが、自宅兼工場・工房のある自分にとっては当たり前の香り過ぎて何とも思わなくなっていますが、外から来られた方、馴染みのない方(ほとんどの方だとは思いますが)にとっては明らかに香るのだろうと思います。墨の香りの正体は墨の原材料の1つである香料(龍脳など)なのですが、自分達は普段からその香りに囲まれているだけでなく、持物や衣服にまでその香りが染みついている為、慣れ過ぎてもはや臭いを感じなくなってしまっています。自分の嗅覚がかなり鈍ってしまっているのかもしれません。工房に来られて1時間でも滞在された方も同じように墨の香りが衣服に染みついていますので外に出てお帰りになる際、自分の衣服を嗅いでみると確実に墨の香りを感じると思います。工房に来られる方の中には墨の香りが好きでたまらないという方もおられますが、そういう方々にとっては物凄く贅沢な環境なのかもしれませんね。皆様も是非、墨の香りを感じる工房にまでお越し下さい。

このページのトップへ