七代目ブログ

修学旅行を自県内で

とある記事で県内の学校が県内に修学旅行に行くというのを見ました。このようなご時世なのもありますが、このような時しかそういうことが出来ないと物凄く関心が湧きました。というのも錦光園においても工房に来られる方は県内の方も多くいますが、半数近くの方は何気に墨作りが奈良の伝統産業であることを実はご存知で無かったりします。特に若い方は尚更のこと。こちらとしては若干切なかったりする時もあるのですが、実際にこれが現状です。そんな際に今回の記事。県内の人が自分の県のことを知るきっかけになると思いました。若い学生の方にとっては非常に良い機会だと思います。奈良は歴史の古いはじまりの地。1000年以上に渡り、伝わってきた伝統・文化・風習など今でも色濃く残る土地柄です。今回の機会を是非、良い意味で捉え、地元奈良の方や学生の方々にも是非、自県を知るきっかけにして欲しいなとつくづく思いました。当然、自分もより奈良を知る努力をしていく所存です。

このページのトップへ